裁量与えられるから
自分で考え

解決する力
身に付く

技術部門
TOMOYUKI.A

部品の品質を
お客様の要求に近づけていく

FAE(フィールドアプリケーションエンジニア)として、カーナビやデジタルカメラに使われる液晶モジュールの品質サポートを担当しています。大手液晶メーカーであるお客様に対する製品仕様のご説明、製品に不具合が見つかった際の検証などが主な仕事です。私が担当している液晶モジュールは、台湾の仕入先の製品。現地の担当者とは電話やメールで頻繁にやりとりが発生するほか、年に2,3回ほど出張で台湾に行くこともあります。国が違えば言葉だけでなく考え方の違いもあるため、仕入先の話にも耳を傾けながら、いかにお客様の要求する品質に近づけるか。そうした折衝をするのも、重要な役割のひとつです。

知識を伸ばし、
裁量を持って
成長していける環境

かつては、基板メーカーで7年ほど生産技術を担当していました。工場で生産の条件出しや材料の評価などをしていたのですが、自分の仕事が世の中にどう活きていくのかをよりお客様の近くで感じたいと考え、当社に転職しました。もちろん基板と液晶では必要な知識が違いますし、前職ではお客様対応はしてこなかったので入社直後は苦労することもありました。ですが、お客様への説明がうまくできないときには先輩がサッと話に入ってくれるなど、サポートしてもらえる体制があったので、経験を積みながら成長していくことができました。当社では担当分野についてある程度の裁量を持たせてもらえますが、そうは言っても1人で抱え込むことはありません。先輩の力を借りながら、徐々に1人で仕事ができるように成長していける環境だと思っています。

自分で考えて動きたい人に
向いている仕事

理工系の学生さんは、メーカーを中心に仕事を探している方が多いかもしれません。私も学生の頃はそうでした。ですが転職した立場だからこそ、当社のような商社の中にもエンジニアの仕事があることは知っておいてほしいなと思っています。私の場合は転職後、当社で裁量を持って働くことで自立的に課題を解決する力を伸ばすことができましたし、加えてワークライフバランスを保つこともできるようになりました。上司に言われた通りのことをするのではなく自分で考えて動きたい方なら、この仕事は合っていると思います。私も先輩にしてもらったようにサポートしますので、やりたいことに挑戦していってください。